2014年5月23日のミーティング

のばらの会は、大人になってもいじめトラウマ(いじめ後遺症)で苦しんでいる当事者に特化した自助グループです。いじめ体験をシェアし(分かち合い)、同じようにいじめトラウマで苦しんでいる仲間とつながるための機会を提供していけたらとおもいます。東京・新宿区の施設をメイン会場として活動しています。


こんばんは、しもむらじゅんいちです。

遅くなりましたが、先週23日のミーティングのご報告です。

今回は、のばらの会としてミーティング、第二回目となりました。

何度もいっていますが、わたしひとりで立ちあげて、どれだけ広報も行き渡っているかも

分からない中での、探りながらのミーティングです。

今回は、人来るかなと思いつつ、会場の準備をして、待っておりました。

19時直前まで、誰も来なく、どうなることやらと思っていた時、

ちょうど19時に、前回参加のニシさんが、やってきました。

よし!一人来てくれた!とホッとしました。

しかし、やっぱり、グループミーティングですので、もう一人位きてほしいよねと

話していましたが、19時5分になっても来ませんでしたので、

ミーティングをはじめました。

まずは、わたしから、シェアをはじめたのですが、

わたしが話し出して、5分位したら、もう一人来てくれました。

20代の男性でした。

わたしは、自分の話を終わらせ、そのタイミングで簡単な説明を彼にしてから、

ニシさんのシェアに移りました。

この日は、結局3人でのミーティングとなりました。

20代の男性はタロウさんといって、自助グループははじめての参加と言うことでした。

ひととおり、全員がシェアしたあと、2巡目になって、

既にその時、20時20分位でした。

すると、タロウさんが、わたしのHPをみて、来たということで、

質問したいのですが、というので、ニシさんとも相談して、一旦、シェアのミーティングは

終わらせて、残りの時間は質問タイムとなりました。

そして21時チョイ前には、終わらせて、みんなで一緒に会場を後にしました。


わたしの話は、ぐだぐだでしたが、他の参加者のシェアはとても素敵で、

何度も何度も話を聞きながら、うなづいていました(声はだしませんよ)

はじめてみてわかったことですが、どうもこののばらの会のミーティングは、

もちろん参加者にとっても、助けになる場であるといいと思いますが、

わたしじゅんいちにとって、とても精神的にいい効果をもたらすようです。

いま、職場で、きびしい状況にいるのですが、

参加者のシェアをきいて、共感することで、非常に、精神的なバランスがよくなるようです。

ですので、参加者だけでなく、わたし自身のためにも、続けていきたいとおもいました。

まあ、これから定着していくのかどうかわかりませんが、

ぼちぼちやっていきます。

そして、次回のミーティングは、

6月6日(金)19時~20時半 住吉町生涯学習館・学習室A

となります。

部屋がいつもと違いますのでお間違いなく。

ではではまたです。

関連記事
2014.05.28 22:29 | のばらの会 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページのばらの会2014年5月23日のミーティング












管理者にだけ表示