じゅんいちは社会不適応者か?!

のばらの会は、大人になってもいじめトラウマ(いじめ後遺症)で苦しんでいる当事者に特化した自助グループです。いじめ体験をシェアし(分かち合い)、同じようにいじめトラウマで苦しんでいる仲間とつながるための機会を提供していけたらとおもいます。東京・新宿区の施設をメイン会場として活動しています。

こんにちは、しもむらじゅんいちです。

いよいよ梅雨もあけ(長かった~)、やっと本格的な夏がやってきました。

のばらの会は、7月18日のミーティングでも雨に降られました。

6月の梅雨入りから、3連続雨にやられましたが、次回のミーティングからは

晴天に恵まれることを願いたいです。


さて、じゅんいちの私的なことですが、

いろいろ悩まされていた職場ですが、7月8日付で退職いたしました。


▼のばらの会を多くの人に知ってもらいたいのです。
▼応援クリックよろしくお願いします<(_ _)>
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
ふう~、大変だった。

職場の所長には、6月の初めころから退職の意志をつげ、

ちょっといろいろあるかなあ~とか思いましたが、

あっさり、辞意は受理されました。

6月の第三週のミーティングの時、職員全体にも周知され、あとは、

引き継ぎ、残務整理で、7日間ほど出勤しました。


この7日間がとてもツもなく辛かった。

ずっと仕事を続けていくという思いで、働いていた時と違って、

辞めることが決まってからの出勤はとてもしんどかったです。

基本9時~17時の職場で、残業もないので、就業時間は短いのですが、

それでも、朝職場にやってきて、自分の席に座って、

これから夕方の5時までいなければならないとおもうだけでしんどかった。

どうしてなんですかね。きつかったです。


さて、退職の理由は、職場の人間関係で、同僚と付き合い続けることが

できなかった、具合が悪くなるということですが、

かっこ悪い理由ですよね、しかも本人は精神疾患ももっているとなると、

なんだか、どこへいっても通用しない、やっていけないような気がして、

大変心細いし、妻もそれを心配しておりました。


わたしは、社会不適応者なのではないか?!


わたしが社会不適応者かどうかはわかりませんが、

この退職という現実と真摯にむきあっていこうとおもいます。


およそ2年間勤めた、人生はじめての正社員での就業でしたが、

この2年間をじっくり反省して、総括していかなければなりません。

わたしのなにが弱く、なにができて、そして今後の課題は何か?

貧しいわたしの人生ですが、少しずつ振り返りながら、次につなげていかねばと思います。

で、それはカウンセラーと一緒にやろうと思い、現在カウンセラーを探しています。
(なかなかいい人がみつからない)


辞めた直後、急性腸炎になり、そのあとも、微熱などして、体調が安定しませんが、

就業中のストレスと辞めたことによるダメージもあるようだから、

心身のケアなどしながら、ちょっとずつ新しい道を探っていければとおもいます。


一応やりたいことはあります。前回のミーティングでは話しました。

そしてそれは、社会適応・不適応ということにも関係あり、

これに関してはまたこの場でもお話したいとおもいます。

しかしきょうは、さしあたり近況報告まで。



あなたのいじめ体験の痛みと苦しみが、少しでも緩和され、

やさしい慰めもまた与えられますよう、おもっています。


しもむらじゅんいち



▼新宿会場まで来られない方はぜひこちらをご利用ください。
トラウマサバイバーのための無料スカイプ相談

▼下村順一のいじめ・いじめ後体験記、いじめトラウマ論はこちら。
いじめトラウマを生き抜く方法

▼のばらの会を多くの人に知ってもらいたいのです。
▼応援クリックよろしくお願いします<(_ _)>
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
関連記事
2014.07.24 17:31 | のばらの会 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページのばらの会じゅんいちは社会不適応者か?!












管理者にだけ表示