弱い主張の強さ

のばらの会は、大人になってもいじめトラウマ(いじめ後遺症)で苦しんでいる当事者に特化した自助グループです。いじめ体験をシェアし(分かち合い)、同じようにいじめトラウマで苦しんでいる仲間とつながるための機会を提供していけたらとおもいます。東京・新宿区の施設をメイン会場として活動しています。

親愛なる読者さま

わたしが、自分のいじめ・いじめ後体験を語る上で、すごく勇気をもらった言葉があるので、シェアさせてください。わたしの尊敬する下村湖人先生の言葉です。

「弱い主張の強さ」
弱い人間の弱い気持ちから出る弱い主張ほど実は強い主張はない。それを弱いと感ずる人は、真の政治家でも、教育家でも、芸術家でもないのである。

(『青年の思索のために』「心窓去来」より)

参考:
下村先生の著作
『次郎物語』
『論語物語』
『青年の思索のために』


▼新宿会場まで来られない方はぜひこちらをご利用ください。
トラウマサバイバーのための無料スカイプ相談

▼下村順一のいじめ・いじめ後体験記、いじめトラウマ論はこちら。
いじめトラウマを生き抜く方法

▼のばらの会を多くの人に知ってもらいたいのです。
▼応援クリックよろしくお願いします<(_ _)>
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ

関連記事
2015.04.18 10:08 | じゅんいちの話 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページじゅんいちの話弱い主張の強さ












管理者にだけ表示